ジャーナリズム

アクセスカウンタ

zoom RSS 「落とすなら落としてみろ。マスコミだけが...」自民・二階俊博幹事長 <<ー裸の王様だった

<<   作成日時 : 2017/07/03 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


都民感覚と解離 裸の王様だった自民党

ーーーーーーーーーーーーーー

「落とすなら落としてみろ。マスコミだけが...」自民・二階俊博幹事長、相次ぐ問題発言



投稿日: 2017年07月01日 09時25分


「落とすなら落としてみろ」 二階氏、相次ぐ問題発言

 自民党の二階俊博幹事長は30日、東京都議選の応援演説で、自らの差別的な表現が報道されたことなどを念頭に「言葉ひとつ間違えたらすぐ話になる。私らを落とすなら落としてみろ。マスコミの人だけが選挙を左右するなんて思ったら大間違いだ」と述べた。問題発言や不祥事が続けて報じられ、都議選が自民逆風となっていることへの責任を報道機関に転嫁する政権幹部の発言が続いている。

 二階氏は29日の応援演説で、ミサイル発射を繰り返す北朝鮮を「きちがいみたいな国」と表現した。精神障害者に対する差別的な表現で、直後に記者団に「表現として必ずしも適切でないものが一部あった。注意したい」と釈明。読売新聞など各紙がこの発言を報じた。

 稲田朋美防衛相も27日の応援演説で「防衛省、自衛隊としてもお願いしたい」と発言し、30日午前の閣議後会見で撤回とおわびに追い込まれた。二階氏は同日夕の国分寺市の演説で、自身を含む政権中枢の発言を伝えている報道機関に矛先を向け、「マスコミは偉いには違いないが、偉いと言っても限度がある。あんたらどういうつもりで書いているのか知らんが、我々はお金を払って(新聞を)買っている。買ってもらっていることを、やっぱり忘れちゃダメじゃないか」と述べた。

 安倍晋三首相も30日夜、小金井市での応援演説で「色々な報道によって、政策がなかなか届かなくなってしまっている」と報道への不満を漏らした。

(朝日新聞デジタル 2017年06月30日 21時31分)

http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/30/nikai-_n_17350558.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「落とすなら落としてみろ。マスコミだけが...」自民・二階俊博幹事長 <<ー裸の王様だった  ジャーナリズム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる