小泉・竹中改悪で、ひどい目にあっている 第2部

小泉・竹中改悪で、ひどい目にあっている 第1部
http://journalism-blog.at.webry.info/201201/article_10.html
の続き

あまりにも、ひどすぎて、とても、書ききれませんが、

(3)

歩行者用の信号の待ち時間を、長くされたのだ

小泉、竹中改悪で、

歩行者側の信号の待ち時間を、延長、長くされ

車の通り側の待ち時間を、短縮させたのだ

車優先、歩行者を犠牲にしたのだ

駅の前の信号は、いつも、多くの人が、待っている
50人ほど、待っている、

しかし、赤のまんま、、青にならず、

やっと、青になったと思ったら、さっさとわたらないと、すぐに点滅が始まり

途中で、赤になってしまいます

交番に、苦情をいったり、区に苦情をいったりしたことがありますが、

国の方針で、小泉、竹中改悪として、このような、歩行者いじめに、改悪されました

今は、歩行者は信号は常に、2分、またされます

駅の多くの人が、降りる恵比寿駅のまん前で、多くの人が、待っていて、60人くらい待っていることもある、

車は、全部、とおりすぎて、まったく、車も、とおっていなくても、歩行者は、信号を待たされる

いつも、とてもイライラする

それまでよりも、長くされたのだ

先日、新聞で、品川のあたりで、50代の女性?だったか、信号を渡っている間に、赤に変わってしまい
はねられ死亡した

また、駅前の信号で、

青信号で、道路をわたり始めた足の悪い女性が、

道路の真ん中まで、歩いたところで、赤になってしまった。

非常に、歩行者用の信号の時間が、短縮されたのだ

サーサーと、車が、走り出した

彼女の前の車は、止まってくれたので、なんとか、その女性は、道路を渡ることができた


それから、先日、新聞で、都内の信号で青でわたっていたら、赤 になり

それでも、わたっていたら、車の人と、口論になり、暴行で、相手が死んでしまった

とにかく、小泉竹中の改悪により、私たち、歩行者は、ひどい目にあっている

車のほうは、待ち時間が短縮されて、よくなったろうけど、

寒い日、雨の日、暑い日など

外で、たったまま、待っている歩行者と、車の中で、エアコンかかって、座って待っている人と

どっちが、苦痛とストレスと感じるか

あきらかでしょう

ひどいものだ

このように、歩行者を犠牲にし、車を優先させた理由は

アメリカ組織の 鶴の一声であった。

「車の渋滞を解消してくれ。」 (アメリカ人)

が言ったからだ

アメリカ の言いなりになった小泉竹中改悪






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック