ネット上では加害者も担任も素性バレバレ 時代遅れの大マスコミ報道 (大津いじめ) 

時代遅れの大マスコミ報道
ネット上では加害者も担任も素性バレバレ 
大津「いじめ自殺」事件   (7/17 日刊ゲンダイより抜粋)


新聞TVを連日にぎわせている大津市、皇子山中の「いじめ自殺」
事件、どのニュースも、いじめた生徒の素性にふれないからちんぷんかんぷん、
報道になっている

当事者が、未成年で、メディアは、少年法に配慮し、加害者の氏名、素性、学校正確など、伝えられない。それで仕方なく、
市教委や学校の対応のまずさばかりを強調して、報道しているが、

ネット上ではすごいことになっている

ネット上では、今、この事件に関するありとあらゆる情報が書き込まれている

新聞、TVには、のっていない情報ばかりです

被害者からの相談をうけながら、放置した担任の男性教員も
共犯者として実名、写真が出ている」(ITジャーナリスト)

加害者生徒、担任教諭の個人情報は、丸裸なのである

父兄や学校関係者は、このネットからの情報に頼りきっている状態だ。

ネットが、新聞TVに代わって、”調査報道”の役割を

果たしているといっていい。


そんなネット社会では、今回の事件を

「殺人事件」 と呼んでいて 加害者が断罪されるまで収拾がつきそうにない。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー メガネ

    Excerpt: ネット上では加害者も担任も素性バレバレ 時代遅れの大マスコミ報道 (大津いじめ)  ジャーナリズム/ウェブリブログ Weblog: オークリー メガネ racked: 2013-07-05 21:36