猪瀬都知事 徳洲会会長の徳田虎雄氏の病床まで訪れ 「1億円」 を要請していた 強制捜査後に返す

金まみれの猪瀬都知事、東京オリンピックもIOC関係者に、巨額の金が、ばらまかれたことだろう。

金頼みの猪瀬都知事。東京都民は、固定資産税を上げられた、これから、ますます、都民は、猪瀬都知事の税金に苦しむことになるだろう

都知事選挙の対抗馬の宇都宮氏のほうが、はるかに都知事にふさわしい人物であった。残念である。

猪瀬氏は、金をばらまき、マスコミ対策なども、したのであろうか。


猪瀬氏、選挙に出馬するため、支持を以来し、徳洲会元会長の徳田虎雄氏の病床まで、たずねていき、1億円の現金を要請したという。

しかし、徳田氏側からは、とりあえず、5000万円といって、現金が猪瀬氏に渡された。

これまで、黙っていた猪瀬氏、最近、あわてて、返金し、借りただけだと、言い出した。

借用書も無いのに。

みっともない 都知事。 みっともない、言い訳。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

猪瀬氏 徳洲会から5000万円 「1億円」を要請 強制捜査後に返す

産経新聞
2013年11月23日08時05分

 猪瀬直樹東京都知事(67)が知事選前の昨年11月、公職選挙法違反事件で東京地検特捜部の捜査を受けている医療法人「徳洲会」グループから現金5千万円を受け取っていたことが22日、明らかになった。

 関係者証言によると、猪瀬氏は知事選出馬にあたり、徳田毅衆院議員(42)を通じてグループ創設者の虎雄氏(75)に1億円の資金提供を要請。虎雄氏が毅議員に「とりあえず5千万円」と金額を決め、猪瀬氏に直接手渡すよう指示したという。

 猪瀬氏は記者会見し、「あくまで個人として借り入れたもので、選挙資金に使わず全額返済した」と説明した。しかし、選挙運動費用として資金提供を受けていた場合、公職選挙法に基づく選挙運動費用収支報告書の虚偽記載にあたる可能性がある。

 猪瀬氏の説明などによると、副知事だった昨年11月6日、都知事選出馬に向けたあいさつ回りで、湘南鎌倉総合病院(神奈川県鎌倉市)を訪ね、療養中の虎雄氏と面会。虎雄氏から資金援助を受けることになったという。

 関係者によると、虎雄氏の指示で毅議員が猪瀬氏との折衝窓口となり、同月19日、毅議員が虎雄氏に「猪瀬氏から1億円欲しいと求められた」などと報告。虎雄氏が「とりあえず5千万円」などと毅議員に指示していた。

 猪瀬氏は、徳洲会グループが今年9月17日に公職選挙法違反容疑で特捜部などの強制捜査を受けた後、秘書を通じてグループ側に全額返済したとしている。

 都知事選後に公表された猪瀬氏の選挙運動費用収支報告書には、収入として猪瀬氏自身からの3千万円と、猪瀬氏の関連団体からの50万円の計3050万円しか記載されておらず、借入金の記載もなかった。

 猪瀬氏は昨年11月21日に都知事選への立候補を正式に表明。12月16日投開票の都知事選では、選挙史上最多の433万8936票を獲得し、初当選を果たした。


詳細は
http://news.livedoor.com/article/detail/8280054/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック