国民の郵便局が無くなり 郵便物が届かなくなった

国民のための郵便局が無くなり 郵便物が届かなくなった

日本には郵便局がなくなりました

これは国が崩壊したのも同じです

普通の国には 国営や公営の国民のための郵便局が あります

これは国のインフラの基本です


国民による国民のための郵便は重要な国の機関です

日本は 国ではありません

郵便局もない なんて 驚きです

郵便局がなくなり
民営の民間の企業になってからは

ひどいものです
住民票や戸籍謄本をおくってもらうのに

使用される 郵便小為替は

郵便局では かつては80円とかでしたが
民間の企業になってからは200円くらいするかな

300円の住民票などをとるのに
大変なコストです

また振り込み手数料も高くなくなりました 倍になったと思います

また
民営の株式会社になってからは
郵便物が配達されなくなりました

届きません


年賀状も配達されませんでした
暑中見舞いの葉書も配達されなくなりました

民間の企業の郵便株式会社に問い合わせても

丁寧なお手紙が届き

「申し訳ありません。調査したところ、わかりませんでした。届くのを確認したいなら 今後は 書留や特別記録などの記録の残る方法で送ってください」

と、

要するに
年賀状も 暑中見舞いも
手紙類は もはや
82円でなく
特別記録の300円 払わないと配達されない

配達されなくても 届かなくても、これまでのように確認とれず 文句もいえません

企業は国民のことなど考えません
自分たちの利益しか考えませんから

民間企業ですから営利目的です


今 郵便株式会社では
アメリカのアフラックの保険も販売してます
日本の企業でなくてもいいので
そのうち中国 韓国企業に買収されるかもしれません


筆者は 普通の国の 公営の郵便局の公共サービスが大好きでした とても便利で サービスよくて 郵便が届かなかったことも一度もなかった
海外の人が日本に住むと 日本の郵政局の迅速でパーフェクトな仕事ぶりと
システムに みな絶賛し感心しました
国民のためによくしてくれました

しかし、今 郵便局がなくなり

民間人の営利目的の会社が引き継ぎ

大変 迷惑 不便 料金高くなりサービス悪くなり 郵便物届かず

本当に 国営や公営の郵便局がない国なんてありません

日本は崩壊してる

郵便も届かず

民営化に賛成したような人物は非国民です

日本を崩壊させた 非国民

筆者は 郵便局を民営化に賛成した人たちを憎む













この記事へのコメント

この記事へのトラックバック