郵政株 6割を海外へ割り当て 日本の身売り 売国


郵政が3つに分解されて 海外に売り渡されることとなった

日本国民の財産の身売り

身売りされる先は
海外へ60%
日本国内投資家に40%

郵便局を 株式会社にするなんて

こんな馬鹿なことをする政府は ありません
こんな馬鹿なこをする国はありません

というより もはや日本国は なくなったと言っても過言でない

昔 東北の貧しい農家が 娘を 女郎屋に 売り飛ばしたという話を聞いた

今回もそうだ

日本国民の税金で 日本国民のインフラのためにつくっている郵便局を
身売りするなんて

おまけに買い主が やはり 日本国民でなくて 海外へが 6割と割り当てられた

前の記事にも書いたが

日本政府 安倍さんは

日本人の皮をかぶった 中身は ユダヤ人の下僕だ
日本国民のために働いていない

安倍も小泉も 日本人の皮を被った 売国奴

日本を崩壊させた人物

日本国民から税金と称して 金と資産を 略奪する大窃盗犯だ

自分のからだの一部を 身売りして
あとから 日本は 身体障害者になるだろう

筆者は投資家でもあるが

証券会社から郵政の新規公開株の申し込みの話をいただいたが

今回は いくら投資家でも 自分の身体を 身売りするような株は どうしても買う気にならない

日本国民の財産を安くたたき売られて


一部の国会議員だけで 勝手に決められて 身売りされるなんて

なんてことだ

国民の財産だった郵政株を 金目当てに買うような奴は 売国奴だ 日本人じゃない

6割が海外に 渡される

日本人の真の総理のはいない

日本人の皮を被った 海外の 米国ユダヤのしもべ しかいない












この記事へのコメント

この記事へのトラックバック